記事の詳細



フォルクスワーゲンビートルと言えば、自動車の代名詞的な存在のコンパクトカーです。初代モデルは1938年から生産されています。「カブトムシ」の愛想で親しまれていて、キュートで個性的なボディデザインは世界中で愛されていました。

ビートルの初代モデルは「Type 1」という正式名称です。ちなみに2代目モデルは「ニュービートル」と呼ばれています。


フォルクスワーゲン・タイプ1
(初代モデル・タイプ1の外観)




3代目モデルは「ザ・ビートル」

現在のモデルは「ザ・ビートル」というのが正式名称となっています。ザ・ビートルにはクーペタイプだけでなく、オープンエアが楽しめるコンバーチブルタイプが用意されています。

さらに現在のビートルはスタンダードモデルの「Design(デザイン)」をはじめ、ラグジュアリーモデルの「Design Leather Package(デザイン・レザー・パッケージ)」やパワフルなターボエンジンを搭載している「Turbo(ターボ)」など、幅広いモデルがラインナップされています。


フォルクスワーゲン・ビートル
(ザ・ビートルの外観)




初代と2代目を上手に融合させたボディデザイン

ザ・ビートルのボディデザインは初代モデルに類似しているように感じます。ニュービートルよりもレトロ感が増しているにも関わらず、古さを感じさせない絶妙なデザインで、初代モデルと2代目モデルを上手に融合させています。

インテリアもクオリティが高くて、ボディカラーと同じ色のパネルを使用するなどオシャレな雰囲気があります。


フォルクスワーゲン・ビートル
(ザ・ビートルのダッシュボード)




日常使いにはもってこいの走行性能

ザ・ビートルのプラットフォームはジェッタと共通のプラットフォームが採用されています。ステアリングフィールは重めに設定されていて、しっかりとした印象を与えてくれます。

搭載されている1.2リッターの直噴ターボエンジンはそれほどパワーはありませんが、街中の買い物などの日常使いなら問題くらいの走行性能は十分にあります。


フォルクスワーゲン・ビートル
(ザ・ビートルの後部座席)




ザ・ビートルの車体価格
新車価格:264万9,000円~
買取価格相場:データなし




ザ・ビートルのスペック情報

サイズ 全長4,270mm × 全幅1,815mm × 全高1,495mm
乗車定員 4名
駆動方式 前輪駆動方式(FF)
トランスミッション 7速DSG(デュアルクラッチトランスミッション)
総排気量 1,197cc
最大トルク 175N・m(17.8kgf・m)/1,500~4,100rpm.
燃費 17.6km/L












あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る