記事の詳細



トヨタエスティマは大型ミニバンタイプの車種であり、1990年から生産されています。全体的に丸みを帯びた外観が特徴で、年齢を問わず人気のある車種です。

現在のモデルは3代目にあたり、直線基調で広がり感のあるデザインとなっていて、プラットフォームは2代目アルフォード、初代ヴェルファイアと共通する新しいプラットフォームを使用しています。


トヨタ・エスティマ
      (トヨタ・エスティマの外観)




精悍なエクステリア

トヨタのエスティマは、2代目モデルから前輪駆動を採用し、エンジンの大型化が可能となった他、着座位置を下げることでヘッドクリアランスに余裕を持たせたり、ノイズの低減が図られていました。

現在のモデルは、これまで通り7人乗りと8人乗りが設定され、7人乗りの2列目シートからはオットマンを出せるためVIP気分が味わえ、3列目は床下格納ができるように設計されています。

エクステリアの特徴としては、ヘッドランプは涙目風のデザインが採用されており、サイドターンランプが付いたミラーが標準装備となります。外観が今までより精悍になり、全長・全副がアップされ、全高も更に下げられています。


トヨタ・エスティマ
(エスティマのダッシュボード)




エンジン排気量の増大による馬力アップ

また、エンジンは3,000ccエンジンが3,500ccと排気量が増大され、最高出力は280仏馬力と大幅にアップされます。昨年はクリーンエアフィルターに脱臭機能を追加することで標準装備した他、安全のための機能が多く搭載されているのもエスティマの特徴です。

さらに高速道路走行時にカメラで白線を認識し、ドライバーのステアリング操作をサポートしたり、大光量で夜間の視野を確保されていることから、安心して運転することができます。


トヨタ・エスティマ
(エスティマの座席シート)



マイナーチェンジ

2014年9月に行われたマイナーチェンジでは全グレードにS-VSCを標準装備しました。同年には雑誌「VERY」とコラボレーションをした特別仕様車「アエラス”VERY Edition”」も発売されました。

2016年月の3度目のマイナーチェンジでは、外観のフロントデザインが大きく変更されました。ヘッドランプにはアッパーグリルから連続してサイドまで回り込むようなデザインとなりました。

リヤのコンビネーションランプには立体的で赤を基調としたデザインが取り入れられています。

また、ボディカラーに関してはミニバンで初めてブラックルーフと組み合わせたツートーン仕様3色を設定しています。




エスティマの車体価格
新車価格:275万円~
買取価格相場:~158万円
(車の年式やコンディション、買取業者によって買取価格が大きく変動することがあります)




エスティマのスペック情報

サイズ 全長4,815mm × 全幅1,820mm × 全高1,745mm
乗車定員 7名/8名
駆動方式 前輪駆動方式(FF)、4輪駆動方式(4WD)
トランスミッション スーパーインテリジェント6速オートマティック
総排気量 2,362cc、3,456cc
最大トルク 344N・m(35.1kgf・m)/4,700rpm.
燃費 9.1~11.6km/L












あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る