記事の詳細



日本の高級車といえば、トヨタクラウンがまず最初にその名前が挙がります。1955年から生産されているクラウンは、その時代に適した高級車の特徴を取り入れることで、日本の高級車としての位置を高めていったのです。


社用車としても活躍

クラウン・ロイヤルは、基本的には高級車の本流とも言えるシリーズになっています。また社長や役員クラスの社用車としても利用できるように、後部座席に関する装備がかなり充実しているのも、大きな特徴になっています。

そしてその乗り心地は、トヨタが考える高級車のイメージらしく、とても安定しており、安心して乗ることができますし、後部座席にて仕事などもできるくらいになってきているのです。


トヨタのクラウン・ロイヤル
      (トヨタのクラウン・ロイヤルの外観)




クラウン・アスリートとの違い

これに対して、クラウン・アスリートは、ドライビングカーとしての特徴を与えられたものになっており、その車のオーナーが自分で運転する喜びを感じられる運動性能を持つように設計されているのです。

アスリートシリーズを購入する方は、自分で運転を行うことが好きな方が多いのです。そのため、アスリートシリーズは、外見やインテリアに関しては、かなりアグレッシブなものを取り入れていますが、ロイヤルシリーズは、時代に合わせながらも、安心感を持つようなデザインにされているのです。

このように大きく2つのシリーズに分かれていますが、クラウンは日本における高級車として、現在もその地位を保っているのです。


トヨタのクラウン・ロイヤル
(クラウン・ロイヤルのダッシュボード)




革新への挑戦

クラウンシリーズの原点でもある「革新への挑戦」に立ち返り、大きく生まれ変わりました。例えば、より大胆に、強い個性を打ち出した新しいボディデザイン。

さらには環境への配慮と爽快な走りを高い次元で融合させた2.5Lのハイブリッドシステムなど、最新モデルのクラウン・ロイヤルは単なる進化とは次元の異なるダイナミックな飛躍を遂げた車だといえます。


トヨタのクラウン・ロイヤル
(クラウン・ロイヤルの座席シート)




クラウン・ロイヤルの車体価格
新車価格:363万857円~
買取価格相場:~250万7,500万円
(車の年式やコンディション、買取業者によって買取価格が大きく変動することがあります)




クラウン・ロイヤルのスペック情報

サイズ 全長3,395mm × 全幅1,475mm × 全高1,620mm
乗車定員 5名
駆動方式 後輪駆動方式(FR)、4輪駆動方式(4WD)
トランスミッション スーパーインテリジェント6速オートマチック、電気式無段変速機
総排気量 2,499cc
最大トルク 243N・m(24.8kgf・m)/4,800rpm.
燃費 10.2~23.2km/L









あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る