記事の詳細



セリカの発売当初はトヨタ自動車のFRライトウェイトスポーツの位置づけとして、2006年まで販売されていた車です。登場したのは1970年で、その個性的なボディ形状から「ダルマ」と言う愛称で、多くの人々から親しまれていました。


ダルマセリカ

最上級のモデルではヤマハ製の1600ccDOHCエンジンである「2T-G」が搭載されて、走行性能の高さからさまざまなモータースポーツでも使用され、若年層を中心にかなり人気の高いモデルでした。

さらに1973年のマイナーチェンジでは、2000ccのDOHCエンジンである「18R-G]が搭載されたグレードが追加されて、ボディもリフトバックが採用されて、走行性能の向上が計られました。


トヨタ・セリカ
(ダルマセリカ)




3代目モデルからツインカムターボエンジンが搭載

トヨタ・セリカが最も大きく変わったのが1982年に販売された3代目からで、エンジンには国産で初のツインカムターボエンジンである「3T-GTEU」が搭載されました。

最高出力は170psを誇る当時ではハイパワーの車だったので、多くのモータースポーツで活躍するようになりました。


トヨタ・セリカ
      (セリカGT-FOUR)



フルタイム4WDの「GT-FOUR」が登場

とくにセリカの特徴である足回りの良さと軽量ボディにより国際ラリー選手権で活躍するようになり、1989年からの5代目からはフルタイム4WDの「GT-FOUR」が登場しました。

リアデフには特徴的な「トルセンリミテッド・スリップデフ」を搭載し、その後のグループA時代のWRC国際ラリー選手権では多くのタイトルを獲得し、トヨタの名を世界に知らしめました。

その後の6代目ではセリカの特徴の一つのスーパーストラットサスペンションを搭載し、走行性能はさらに高くなりました。


トヨタ・セリカ
      (セリカの最終モデル)




セリカの車体価格
新車価格:販売終了
買取価格相場:~48万円
(車の年式やコンディション、買取業者によって買取価格が大きく変動することがあります)






セリカ最終モデルのスペック情報

サイズ 全長4,420mm × 全幅1,750mm × 全高1,305mm
乗車定員 5名
駆動方式 前輪駆動方式(FF)、4輪駆動方式(4WD)
トランスミッション 5速マニュアル、4速オートマティック
総排気量 1,795cc
最大トルク 19.0kgf・m/4,400rpm.
燃費 13.0km/L











あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る