記事の詳細



スズキエスクードは1988年に販売がスタートして、「ライトクロカン」と呼ばれるジャンルの車種として知られています。

エスクードの特徴は、何と言ってもオフロード性能が高いところにあります。以前のエスクードは、パートタイム4WDでしたが、現在のモデルではスズキ初となるセンターデフのフルタイム4WDになっており、より一層悪路での走行性能が向上しています。


スズキ・エスクード
      (スズキ・エスクードの外観)




ビルトインラダーフレーム採用でボディ強度がアップ

また、オフロード車の特徴として欠かすことができないボディの強度も以前のモデルに比べ大きく進化しています。具体的には、モノコックボディとラダーフレームを一体化させた「ビルトインラダーフレーム」を採用することで、ボディの強度を従来よりも増強することに成功しました。

モノコックボディとは、航空機などに採用されている機体の構造のことです。モノコックボディについて簡単に説明すると、構造体全体を壁で支えるボディのことで、その最大の特徴は、従来の柱で支える構造に比べ軽量化を図りながら高い強度を実現できるところにあります。

スズキ・エスクードはモノコックボディとなっていて、旧型モデルの約2倍のねじれ剛性を実現しています。


スズキ・エスクード
(エスクードのダッシュボード)




オンロードでもオフロードでも安心して走行

上述したように、スズキ・エスクードはオフロード車に求められる駆動系の力強さとボディの強度を兼ね備えた車に仕上がっています。

さらに、サスペンションをサブフレームを介した四輪独立懸架にすることで、走行性能が向上しています。

ですから、オンロードでも快適なドライブが楽しめるのです。エスクードは、スズキが長年にわたり軽自動車で初めて4WDを採用したジムニーで培ってきたノウハウを凝縮したライトクロカンといえます。


スズキ・エスクード
(エスクードの座席シート)




エスクードの車体価格
新車価格:208万9,500円~
買取価格相場:~92万円
(車の年式やコンディション、買取業者によって買取価格が大きく変動することがあります)




エスクードのスペック情報

サイズ 全長4,300mm × 全幅1,810mm × 全高1,695mm
乗車定員 5名
駆動方式 4輪駆動方式(4WD)
トランスミッション 5速マニュアル、4速オートマティック
総排気量 2,393cc
最大トルク 275N・m(28.0kgf・m)/4,800rpm.
燃費 9.6~10.6km/L









あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る