記事の詳細

愛車の買取査定を依頼して、納得のいく査定金額が決定して売却契約をした後、引き渡しまでに車に傷をつけてしまったケースを解説します。

査定金額が決定した後でも傷がついてしまったら、減額されてしまうのでしょうか?


査定額は減額されます

結論から言うと、やはり傷がついた分は査定額が減額されることになります。減額される程度はその傷の深さや大きさによって異なります。

その傷の修復代金分が査定金額から差し引かれることになります。


車の傷



黙っていてはダメ!

査定後に傷がついてしまったことを黙って、引き渡すことはよくありません。査定金額が減額されることを恐れて傷がついたことを隠したい気持ちはわかります。

しかし、買取業者はあなたの車を引き取る際に、再度、車の状態を確認しますので、傷がついたことは知られてしまいます。




引き取り前に修理業者に依頼するのはお得?

傷がついた愛車を引き取り日までに修理業者に依頼して修理することも可能です。しかし、修理業者に依頼して傷を治すよりも、買取業者に傷がついたことを伝えて査定額が減額される方が安く済むことが多いです。

その理由は、買取業者は日頃から取引している修理業者が存在します。その修理業者に依頼して傷を修復する料金は、個人が修理を依頼するよりも料金が安く設定されていることが多いためです。


車の傷



正直に担当者に報告しよう

そのため一般的には買取業者に車に傷がついたことを伝えて、その買取業者が取引している修理業者に修理を任せて査定額を減額してもらう方が結果的に安くなります。

まずは正直に担当者の方に、車に傷がついてしまったことを伝えることが何よりも大切です^^






あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る