記事の詳細

車の買取査定を依頼して売却する際に気になるのが、「自動車リサイクル料金」に関してです。

新車を購入した際に支払うことになっている自動車リサイクル料金ですが、新車の購入時に支払った金額は本当に愛車の売却時に戻ってくるのでしょうか?




自動車リサイクル料金とは

自動車リサイクル料金とは、2005年から施行された法律です。自動車リサイクル法の規定に基づいて、車を購入する際に自動車メーカーが定めた金額を納めることになっています。

リサイクル料金を支払うのは新車を購入した方で、このリサイクル料金は、シュレッダー料金、フロン類料金、エアバック類料金、情報管理料金、資金管理料金で構成されています。

車を売却する際に、支払ったリサイクル料金は次のオーナーから「預託金相当額」として受け取ることができます。


自動車リサイクル料金
(自動車リサイクルシステムの公式サイト)





リサイクル券も一緒に引き渡す

一般的には新車の購入時に車の購入金額に加えて自動車リサイクル料金を支払うことになります。そして、リサイクル料金を支払ったことを証明するリサイクル券が貰えます。

車を売却する際には愛車と一緒にリサイクル券も引き渡すことになります。


自動車リサイクル料金
(自動車リサイクル券)





買取査定の際に確認しておこう

買取査定で車を売却する場合には、預託金相当額が車の査定額に直接含まれる場合と別途支払われる場合があります。

どの買取査定業者に依頼してもリサイクル料金は支払われるので安心してください。もしリサイクル料金に関して気になるのであれば、査定を受ける時点で担当者の方に確認しておきましょう。








あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る