記事の詳細

買取査定を依頼しようと考えている方に中には、「いつ、どのタイミングでお金を支払ってくれるのか?」と疑問に思っている方も大勢います。

買取査定を依頼する方の中には、急に現金が必要になって仕方なく愛車を売却して資金繰りをしたい方もいます。今回は車の買取査定において、どのように買取業者から利用者にお金が支払われるのかを解説します。


お金



銀行振り込みが主流

まず、車の買取査定では、決定した査定額を現金でそのまま手渡す買取業者は少ないです。特に車の買い取り額は高額になることが多いので、大半の買取店では銀行振り込みで支払われます。

各買取業者によって多少異なりますが、一般的には車の引き渡しや必要書類の提出などの買取手続きが全て完了してから2日~1週間程度の期間内に、あなたが指定した口座に振り込まれます。

また、高級車などで査定額が高額になる場合は、支払金額を一括ではなく数回に分割して口座に振り込まれることもあります。

銀行

契約をする前にしっかり確認を!

また、地方の小さな買取業者や査定額が10万円以下の少ない金額の場合には、現金で支払われるケースもあるようです。

通常は、愛車の買取査定額が決定して買い取ってもらうかどうかを決定する際に、担当者の方からお金の支払い方法を説明してくれます。

もし、担当者からの説明がなければ、こちら側からどのようにお金が支払われるのかを担当者の方に確認して、納得してから契約書にサインをするようにしましょう^^








あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る