記事の詳細

愛車を売る際にインターネットなどで色々と検索していると、「買取」と「下取り」というフレーズを目にすることがあると思います。

車を売るという行為としてはどちらも同じですが、仕組みとしては、買取と下取りとは全く異なります。


買取

私たち利用者側からの視点からみると、買取とは愛車を売却することで現金を手に入れることです。買取価格は買取業者間のオークション相場によって、基本的な買取金額が決定します。その基本買取金額に装備やオプション、車のコンディションなどの要素が加味されて、各買取業者独自の査定方法や在庫状況などから詳細な買取金額が決定します。

【メリット】
・買取店舗によって買取価格が異なるため通常より高額で買い取ってもらえることがある
・複数の買取業者に査定してもらうことでより高額で買い取ってもらえる可能性が高くなる
・人気車種や社外パーツなども査定評価が高まる対象になる

【デメリット】
・買取相場は敏感に変動するため、査定時期によっては高く買い取ってもらえないことがある



車の買取
(カーセンサーと提携している販売店)




下取り

下取りとはあなたが愛車を購入した店舗で引き取ってもらうことをいいます。例えば、正規ディーラーで新車を購入して数年が経過して、下取りに出す場合には、各販売会社が作成した下取り基本価格表を活用して下取り金額を決定します。買取と同様に車のコンディションも加味されます。

【メリット】
・車の売買が同じ店舗で済むので手間が省ける
・値引きができない部分を下取り額で多少なりとも補填してくれるケースがある

【デメリット】
・一般的に買取の方が下取りよりも高く愛車を売却することができることが多い
・人気の車種や社外パーツなどの要素がそれほど高く評価されないケースが多い


車の下取り
(トヨタ・ネッツの販売店)




買取と下取りはどちらが得?

上記のように車の買取と下取りはどちらにもメリットとデメリットが存在します。一概にはどちらが得なのかは言えません。一般的には買取の方が高く売ることができますが、車種や車の年代、車を売る時期によっては下取りの方が高く売れるケースがあるのも事実です。

愛車をより高く売るためにおススメな方法は、事前に無料で買取査定をしてもらって、その後、車を購入した店舗で下取り価格がどれくらいになるのかを参考程度にチェックして、両者を比較して決定することです。

特に買取査定の場合は、業者によって買取価格が20万円前後も変わることがあるので、ぜひとも複数の買取査定業者から買取査定を依頼するようにしましょう^^


車の下取り




あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る