記事の詳細

消費者と事業者間における売買契約でよく「クーリングオフ」という言葉を耳にすることがあります。

買取でもクーリングオフは適用されるのでしょうか?



クーリングオフ制度とは・・・

一般消費者が自宅などに不意の訪問を受けて販売や勧誘されたケースなどにおいて、消費者の意思がはっきりしないままに契約を申し込んでしまうことがあります。

そのような契約をして、後悔することがないように、消費者が頭を冷やしてじっくりと考え直す機会を与えるために導入された法律制度がクーリングオフです。

一定の期間内であれば、事業者側から違約金などの請求や説明要求を受けることなく、消費者側の一方的な意思表示で申し込みの撤回や契約の解除することが可能です。

クーリングオフは全ての売買契約が対象になるわけではなく、訪問販売や電話勧誘販売などで適用されます。


クーリングオフ
(国民生活センターのクーリングオフ制度の解説ページ)




車の買取ではクーリングオフは適用されません

自動車売買においては、高額商品のために、元々じっくりと考えて契約する性質のものであるので、クーリングオフ制度は適用されません。

車の買取の場合も同様で、こちら(消費者側)が依頼して査定してもらうので、クーリングオフは適用されません。買取業者が提示する契約書内にもクーリングオフが適用できないという文面が記載されていると思います。





納得してから契約を結ぼう

そのため、車の買取査定を依頼して、査定額を提示されても、納得できなければ契約をしないことが大切です。もちろん、仮契約もしないように注意しましょう。

もし、複数業者に査定を依頼しているなら、担当者にそのことを伝えて、「買い取ってもらう際は後日こちらから連絡します」と伝えるようにすれば問題ありません。

車の買取においては、その場で契約するのではなく、少し時間をかけてじっくりと考えてから、正式に契約するようにしてくださいね!


車の買取








あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る