記事の詳細

の買取査定を依頼して、査定価格の提示を受けて、車の売買契約を結んだ後に、その契約をキャンセルした場合について解説します。

一般的な見識としては、車の売買契約を正式に結んだ後に、契約を一方的に解約する行為に対しては、キャンセル料金(違約金)を支払わなければならない可能性が高くなります。



キャンセル料金とは・・・

各買取業者が定める約款に従ってキャンセル料金が決定することになります。中には一定期間内であれば、キャンセル料金を支払わなくてよい業者も存在します。

キャンセル料金の内訳は、車の買取後に発生したコストを請求されることが一般的です。

具体的には、買い取った車をあなたの自宅から輸送したり、中古車のオークション会場に搬入する際にかかる搬入費用、スタッフの人件費、その他の諸経費などを含めた費用がキャンセル料金となります。


車の買取キャンセル




ある程度時間が経過するとキャンセル自体が無理

また売買契約を結んだ後からある程度時間が経過してしまうと、キャンセル自体ができないケースもあります。

例えば、オークションにかけて落札されてしまった後などです。このようなケースでは車の所有権が落札した方に移ってしまうため、キャンセルを申し出ても、車が返ってくる可能性は低くなります。




車の買取査定自体は無料

愛車の買取査定自体はもちろん無料です。担当者から示される査定金額に納得できなければ、愛車の売却を拒否しても問題ありません。

その際の買取査定における手続きにかかる費用は一切発生しませんので、安心して利用してください。


車の買取査定



まとめ

車の売買契約を正式に結ぶ際には、じっくりと考えることが大切だといえます。

万が一、やむを得ない事情で契約を破棄しなければいけなくなった場合には、買取業者に迷惑がかからないように、できる限り早くキャンセルを申し入れるようにしましょう。







あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る