記事の詳細

ポルシェはドイツを代表する自動車メーカーで、1930年頃にフェルディナント・ポルシェによって設立されました。

ポルシェを代表する車種といえば、やはり「911」を思い浮かべる人が大勢います。ちなみに海外では「Nine Eleven(ナイン・イレブン)」と呼ばれています。



世界的にも珍しいRRレイアウトを採用

911はRRレイアウトという世界的にも珍しい駆動方式を持つスポーツカーとして知られています。RRとは、「リアエンジン・リアドライブ方式」の略で、車の後輪車軸より後方にエンジンが搭載されていて、後輪駆動で動く仕組みの車のことを意味します。

ポルシェ911というモデルは、空冷エンジンから水冷エンジンに移行したり、サスペンションやブレーキなどでも最先端の技術を積極的に取り入れて日々進化を続けています。

一方、駆動方式に関しては、1964年に911の初代モデルが誕生してから現在まで、この珍しいRRレイアウトの駆動方式を頑なに守り通しているのも大きな特徴です。


ポルシェ911
      (ポルシェ911の外観)




ナローポルシェは今でも人気

1964年~1974年までに発売されていた初代911はナローポルシェと呼ばれています。ボディサイズが2代目以降から大きくなったことから由来しています。

現在ではナローポルシェはクラシックカーに位置付けられていて、今でもマニアから高い支持を得ています。

911には車種名以外に型式が存在して、1960年の誕生以来、901、930、964、993、996、997、991と型式モデルが移行しています。


ポルシェ911
(911の初代モデルのナローポルシェ)




用途やライフスタイルによって911が選べる

911には型式以外に、通常のクーペタイプのカレラ、トップルーフが開閉するタルガ、オープンカーになるカブリオレ、高性能のターボエンジンを搭載するターボ、カレラのスポーツタイプの位置づけとなるカレラSが。さらに4輪駆動方式のカレラ4やカブリオレ4、サーキット走行ができるGT3などの911が豊富にラインナップされています。

それぞれに個性があり、用途やライフスタイルによって自分に適した911を選べることができるようになっています。


ポルシェ911
(911のダッシュボード)




最高のドライビングフィール

ポルシェ911の特徴は数多くありますが、その中でも一番魅力的なポイントは、やはり素晴らしいドライビングフィールだと思います。

上述したRRレイアウトから生まれる独特のドライビングフィールや、車体の後部に搭載された水平対向エンジンの回転数や負荷によってさまざまな顔を見せるエキゾーストノートは刺激と快適の両方を高い次元で融合しています。



日常シーンにも利用できるスポーツカー

フェラーリやランボルギーニといったスポーツカーは日常生活での利用は難しいです。しかし、911なら普通に街中にショッピングに出かけたり、通勤の車として普通に利用することができます。

日常生活でも利用できる最高のスポーツカーとして、ポルシェ911は認知されています。


ポルシェ911
(車体の後部に搭載されている水平対向エンジン)




911カレラの車体価格
新車価格:1,145万円~
買取価格相場:~758万円
(車の年式やコンディション、買取業者によって買取価格が大きく変動することがあります)




911カレラのスペック情報

サイズ 全長4,500mm × 全幅1,810mm × 全高1,305mm
乗車定員 4名
駆動方式 リアエンジン・リアドライブ方式(RR)、4輪駆動方式(4WD)
トランスミッション 7速マニュアル、PDK
総排気量 3,436cc
最大トルク 390N・m/5,600rpm.
燃費 8km/L







あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る