記事の詳細



プジョー508は、407とフラッグシップモデルの607を統合して開発された後継モデルとして、2011年から登場しました。その結果、508はプジョーのフラッグシップモデルとなりました。

508には、セダンタイプとSW(ワゴン)タイプの2モデルがラインナップされています。そして、それぞれにエントリーモデルのAllure(アルール)と高級モデルのGriffe(グリフ)がグレードとして設定されています。



プジョーらしいエレガントなボディデザイン

以前までプジョーのアイコン的デザインであった大きなフローティンググリルが小さくなっているのが特徴です。この変更でよりスマートな印象になりました。

またボンネットからトランクのライン、そしてリアゲートルーフまで流れるようなラインが、プジョーらしいエレガントさを演出しています。


プジョー508
      (プジョー508の外観)




センスを感じるインテリア

インテリアの質感はフラッグシップモデルとしては少し物足りないと感じるかもしれません。しかし、ピアノブラックのパネルや操作系をステアリングホイールに集約させているなど、プジョー独特の世界観があり、高いセンスを感じます。

また、シート設計が秀逸で、長時間ドライブしても、全然腰が痛くならないように作られています。ドアも大きく後部座席の乗車も苦になりません。


プジョー508
(プジョー508のダッシュボード)




1.6リッターのターボエンジン搭載

プジョー508には直列4気筒エンジンが搭載されています。ディーゼルエンジンとガソリンエンジンがありますが、日本で販売されるのは1.6リッターのターボエンジン車のみとなっています。

アクセルを踏み込むとターボエンジンのパワーで、ストレスなく加速していきます。またスポーティに運転したい場合は、パドルシフトを使用するスポーツドライブも可能になっています。


プジョー508
(プジョー508の座席シート)




プジョー508の車体価格
新車価格:378万円~
買取価格相場:~220万円
(車の年式やコンディション、買取業者によって買取価格が大きく変動することがあります)




商品概要

サイズ 全長4,790mm × 全幅1,855mm × 全高1,455mm
乗車定員 5名
駆動方式 前輪駆動方式(FF)
トランスミッション 6速オートマティック
総排気量 1,598cc
最大トルク 240N・m(24.5kgf・m)/1,400~3,500rpm.
燃費 10.6~11.0km/L










あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る