記事の詳細



日産は非常に多くの種類の車を製造・販売していますが、その中に去年末にフルモデルチェンジしたエクストレイルという車種があります。

エクストレイルはアウトドア志向のSUV車で雪道や山道を走行するのに何の問題もありません。

最初にエクストレイルが製造販売されたのは2000年です。現在の最新モデルには新シリーズとして初めて3列シートモデルも設定されて、ファミリー向けとなっていることが特徴です。


日産エクストレイル
      (日産エクストレイルの現行モデル)




2014年にはハイブリッドモデルが発売予定

2014年にはハイブリッドモデルも投入されることが決定しています。以前のモデルにはフェンダーを樹脂化して車両を軽量化したことがありました。

従来の板金フェンダーならぶつけてしまうと凹んだままになり、万が一、人に接触すると怪我をさせてしまう恐れがあります。しかし、樹脂フェンダーであればぶつけても元に戻ることが特徴で、人に接触してもフェンダーが撓むだけで済むケースが多く、人にとっても優しい設計となっています。




海外でも人気のエクストレイル

日産車は日本国内市場はもちろんですが、海外でも販売して売れる車を製造しています。そのため、国内で販売されている車を海外旅行に出かけた旅先で目にすることがあります。

その中でエクストレイルは山奥深いところや雪が多いところでも走行に条件が付かないため、ヨーロッパを含めた海外でも幅広い層に購入されています。


日産エクストレイル
(日産エクストレイルの室内)




世界初のアクティブライドコントロール搭載

現行モデルではアクティブライドコントロールが装備されています。アクティブライドコントロールとは、車体の上下の動きを予測して、エンジンとブレーキを制御することが可能になる最新テクノロジーです。

その結果、デコボコ道などでの車体振動を低減したり、小さな振動から大きな揺れまで、さまざまな起伏に対応ができ、乗り心地と安心感の向上を実現しました。




ALL MODE 4×4-iを搭載

エクストレイルの4WD車には「ALL MODE 4×4-i」が搭載されています。アクセルを踏むと同時に、各種センサーの情報から、4WDコンピューターが走行状態を判断する日産自慢の技術です。

走行状況に応じて前後のトルク配分をコンピュータ制御によって、100:0から約50:50に切り替えることによって、滑りやすい路面でも安定した走行を実現します。




日産の中で一番大きいサイズのSUV車

日産の車の中ではこのエクストレイルとジューク、ムラーノとデュアリスがSUV車として販売されており、中でもエクストレイルが一番車体が大きいモデルとなっています。

大人数の家族であっても家庭にエクストレイルが1台あれば、さまざまなライフシーンに事欠かないSUV車です。





エクストレイルの車体価格
新車価格:224万9,100円~
買取価格相場:~185万円
(車のコンディションや買取業者によって買取価格が大きく変動することがあります)



エクストレイルのスペック情報

サイズ 全長4,640mm x 全幅1,820mm x 全高1,715mm
乗車定員 5/7名
駆動方式 前輪駆動方式(FF)、四輪駆動方式(4WD)
総排気量 2.0L
最大トルク 360N・m(36.7kgf・m)
燃費 16.4km/L(FF)、16.0km/L(4WD)







あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る