記事の詳細



2014年4月10日、トヨタ自動車は世界トップクラスの熱効率の高い低燃費エンジンを開発したことを発表しました。



JC08モードで10%以上燃費効率がアップ

従来のトヨタで生産している同じ排気量のエンジンと比較して、JC08モードで燃費を10%以上向上させることができるそうです。

今回トヨタが開発したエンジンは1.3リッターと1.0リッターのガソリンエンジンを対象にして商品化される計画になっています。


トヨタの新型エンジン
(トヨタ自動車の記者会見で使用された図解)




燃焼の改善と損失低減を追求して開発

例えば、1.3リッターのガソリンエンジンでは、ハイブリッド車用エンジンで実績のあるアトキンソンサイクルが採用されています。そして圧縮比を13.5まで高めることで膨張比をアップさせ排熱を抑制しています。

さらに、クールドEGR(排出ガス再循環システム)や、電動連続可変バルブタイミング機構(VVT-iE)なども活用して燃焼の改善と損失低減を追求して開発されました。

その結果、世界トップレベルとなる38%を達成することに成功しました。


トヨタの新型エンジン
(新開発された1.3リッターのガソリンエンジン)





マイナーチェンジを実施するヴィッツとパッソに搭載

今後、開発された新エンジンは、マイナーチェンジを実施するヴィッツとパッソに搭載される予定になっています。そして、2015年までに14機種のエンジンを順次導入する計画しています。

環境問題に注目が集まる時代において、自動車には低燃費走行を実現するエンジンが求められます。自動車業界でトップを走り続けるトヨタには、これからもより環境に優しい高性能なエンジンを開発・生産してもらいたいですね!









あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る