記事の詳細



去年2013年の軽自動車の販売台数が年間200万台を突破して、過去最高を更新しました。車名別新車販売ランキングでは、3位にランクインしたホンダN-BOXをはじめ、トップ10に6台も軽自動車がランキングを果たしました。

特に自動車を所有している20~29歳の年齢層では、42%の人々が軽自動車に乗っているというデータもあります。


ホンダN-BOX
(販売台数トップ3にランクインしたホンダのN-BOX)




軽自動車を購入するメリット

燃費が良いのはもちろんですが、小回りが利いて運転もしやすく、さらに基本性能も向上している軽自動車はとても魅力があります。

さらに税金も他の車よりも安いというメリットがあります。現在の軽自動車税は年7,200円で、1,000ccの小型車の税金と比較しても約4分の1程度です。

経済的にも大きなメリットがあり、年々軽自動車に乗り換える人が増加しています。

また、地方では生活の足として、家族に一台ではなく、ひとり一台車を所有している家庭も存在します。





軽自動車増税の影響は?

好景気にわく軽自動車業界ですが、来年から軽自動車税が増税されることになっています。具体的には年10,800円になり、従来と比べて約3,000円ほどアップすることになります。

上記の軽自動車を所有するメリットとして挙げられている税金の安さが薄らぐことになり、その結果、軽自動車の販売数が伸び悩む恐れがあります。

また、来月から消費税が8%に増税されることもあり、今後の軽自動車販売数に大きく影響を与えそうです^^;









あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る