記事の詳細



2014年1月22日、ロイターからフランスの自動車メーカー「ルノー」の2013年の世界販売台数が263万台だったというニュースが届きました。


ダチアが販売台数増加に貢献

2012年の比較して3.1%増加したようです。主要な市場であるヨーロッパ市場は全体的に低迷していましたが、そのトレンドに逆行して2.4%増加しました。

ルノーが販売台数を増加させた大きな要因は、低価格戦略で展開している「ダチア」というブランドの新型モデルです。


ダチア
(ルノー全体の販売台数増加に貢献した低価格ブランド「ダチア」)




ロシアやトルコで売上好調

特にロシアでは10.7%アップ、さらにトルコやルーマニア、モロッコなどの地域の販売台数が7.8%増の38万8,922台を達成して、市場シェアは過去最大の39%を占めました。

その一方、韓国やインドなどのアジア地域の販売台数が伸び悩ました。アメリカやヨーロッパ諸国のイランに対する経済制裁が原因で去年と比較して7.4%減少しました。



今年も新規市場開拓がカギ

依然としてルノーの主力市場であるヨーロッパ市場が低迷している状況です。ルノーがより一層販売台数を伸ばすためには、去年と同様にロシアやトルコなどの新興国に注力して経営資源を投入する戦略が求められるかもしれません。

今後のルノーの世界戦略に注目していきましょう。







あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る