記事の詳細



2014年3月5日に、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)と豊田通商が中国の首都である北京で高効率の自動車リサイクルシステムを構築したというプレスリリースが発表されました。

リサイクルの前処理からフロン破壊などの有害物処理だけでなく、車体の裁断や廃タイヤの破砕までの工程を、トータルで解体及びリサイクルする大規模な集約型リサイクルシステムが構築されました。


NEDO
(NEDOの公式サイト)




日本国内で実施されているリサイクル率を超える処理能力

今回の共同プロジェクトでは、自動車の解体に伴う環境負荷を低減させ、なんと約90%という日本国内で実施されているリサイクル率を超える処理が可能になったと発表されています。低環境負荷を維持しながら年間で約1万台の処理が可能な処理能力を有しています。

この優れた処理能力の成果を活用して、今後、豊田通商は中国国内での自動車解体リサイクル事業に参入を計画しているようです。




中国で使用済み自動車が急激に増加

現在、中国では経済成長に伴い、自動車の保有台数が世界第2位となっています。そのため、今後、使用済み自動車の急激な増加が予想されています。

このような中国の自動車環境を考慮すれば、大きなビジネスチャンスだといえます。


北京
(多くの自動車で溢れかえる北京市内の道路)




中国の各都市へ普及させる計画

NEDOと豊田通商では、2015年度末までに今回開発に成功した自動車リサイクルシステムを使用しながら、実証データの蓄積とシステムの改良を実施する計画です。

さらに現地パートナー企業である北京博瑞聯通汽車循環利用科技有限公司と、北京以外の都市に自動車リサイクルシステムを普及させていくこと目指しています。

ビジネスとしてだけでなく、社会貢献という観点からも大きな意義のある自動車リサイクルシステムが中国全土に普及すればよいですね^^








あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る