記事の詳細



2014年2月3日、日本マルチペイメントネットワーク推進協議会が自動車保有関係手続のワンストップサービスを向上させるために、手数料等の徴収手続きの中で、自動車重量税や自動車検査登録手数料を、ペイジー「ダイレクト方式」を使用した電子納付が可能になったことを発表しました。


ペイジー
(ペイジーの公式サイト)




2008年から財務省などで利用スタート

ダイレクト方式は2008年から、財務省関税局や特許庁、国税庁、財務省理財局で導入されました。関税や特許申請手数料、国税などの様々な国庫金納付に利用されている便利なシステムです。

このダイレクト方式が自動車重量税などの納税でも利用できるようになったんですね!


ペイジー
(ペイジーのダイレクト方式)





インターネットバンキングへのログインが不要

またインターネットバンキングなどにログインしなくても利用することができる仕組みになっているため、利用者の利便性が高くなって非常に便利です。


自動車重量税の納付手続きがペイジーのダイレクト方式で従来よりも簡単に実施できるようになりました。これで煩わしい納税手続きから解放されることができます。

ぜひあなたも一度利用してみてくださいね^^










あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る