記事の詳細



2014年2月14日、自動車メーカーの三菱自動車は岡山県と共同で次世代電気乗車EVの研究開発を実施していくことで合意したというニュースが届きました。

研究機関は2016年までの3年間になっています。そして、共同研究開発の主なテーマとして、インホイールモーターを中心とした次世代EV技術の研究開発と実証実験車(試作EV)の製作・評価試験です。



三菱自動車と岡山県の役割

三菱自動車がモーターなどの次世代EV技術における評価技術の研究や試作EV自動車の仕様・レイアウト、システムの設計・製作などを担当します。

一方、岡山県側はモーターなどの次世代EV自動車技術の実用化と小型化における研究や、試作EV自動車の設計・製作を担当します。


インホイールモーター
(インホイールモーター)




インホイールモーターとは

インホイールモーターとは、主に電気自動車などで使用される車輪のハブ内部に装備された電気モーターのことをいいます。そして、このインホイールモーターは次世代自動車のコンポーネント技術として注目を集めている最新技術です。

駆動力がホイールへ、ロスすることなく直接伝達することが可能になるために、従来型のギアや駆動軸などと比較してエネルギー損失が少なくなることがメリットです。




2005年から開発スタート

実は三菱自動車自身、2005年にインターホイールモーターを搭載するEV自動車技術の「MIEV」を発表しています。ちなみに「MIEV」は「Mitsubishi In-wheel motor Electric Vehicle」の略であり、インホイールモーターEVのことを意味します。

当時、後輪にインホイールモーターを搭載したコルトEVや4輪に搭載したランサーエボリューションMIEVなどを開発していました。

しかし、EV自動車の大量生産体制の確立を早めるために、モーター本体の他に、サスペンションなど車体側の技術開発を伴うインホイールモーターEVの開発を一時棚上げされていました。

9年ぶりに研究再開となるインホイールモーターEVです。今回の岡山県との共同開発でさらに技術が進歩すればよいですね^^


コルトEV
(当時開発されたコルトEV)










あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る