記事の詳細



2014年2月5日、アメリカの消費者情報誌「コンシューマー・リポート(Consumer Reports)」が実施した自動車のブランド別信頼性調査で、日本の自動車メーカー「トヨタ」が1位を獲得したというニュースがロイターから届きました。



昨年に続いて1位をキープ

今回のコンシューマー・リポートが実施した調査では、品質や安全性、価値、パフォーマンス、デザイン、技術、環境性能の合計7分野に関する消費者の受け止め方を調査して、指数化して算出されました。

トヨタの1位は昨年に続く連覇で、2位のフォードに25ポイントの差をつけたようです。その他の日本メーカーではホンダが3位、富士重工業のスバルが6位にランクインしています。


コンシューマー・リポート
(アメリカの消費者情報誌「コンシューマー・リポート」)




トヨタブランドが北米で浸透

アメリカを含める北米市場はトヨタにとって大きなマーケットとして位置付けられていて、より多くの経営資源を投入しています。

昨年に続き今年もアメリカの消費者情報誌「コンシューマー・リポート」の自動車のブランド別信頼性調査で1位を獲得できたのは、トヨタの高品質の自動車性能だけでなく、アフターサービスも含めたサポート体制がしっかりと確立できている証拠ではないでしょうか?

来年もトヨタが1位を獲得できるのか楽しみですね^^









あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る