記事の詳細



2014年1月13日、アメリカミシガン州のデトロイトで世界最大級の自動車展示会「北米国際自動車ショー」が開幕しました。


世界でも有数な自動車ショーの一つ

北米国際自動車ショーとはデトロイトで毎年開かれる自動車の展示会です。東京やドイツのフランクフルトと並ぶ世界でも有数の自動車ショーの一つとして知られています。去年には9万5千人の人々が来場しました。

14日までが報道関係者向けの公開で、18~26日に一般の人々に公開されることになっています。


北米国際自動車ショー
(北米国際自動車ショーの入口)




700車種以上が一挙に展示

今回の北米国際自動車ショーでは、35を数えるブランドが700車種以上の自動車を展示されていて、このうち50種類以上が新発表となりました。

注目の日本メーカーでは、トヨタ自動車が年内に発売予定の高級車ブランドであるレクサスの高性能クーペ「RCF」を初めて公開しました。さらにまだ商品化は未定ですが、「FT-1」という走りに特化した新型スポーツカーも公開されました。

そして、ホンダも今年後半に発売すると噂されている高級車ブランドであるアキュラの新型セダン「TLX」の試作車を初公開するそうです。

また海外メーカーでは、スポーツカーで有名なドイツのポルシェが911タルガの最新車種を公開します。


北米国際自動車ショー
(トヨタのFT-1)




高級車が数多く展示

今年の傾向は、上記に紹介したような高級車やスポーツカーなどの高価格の車種を数多く展示していることです。その理由は去年のアメリカ国内での新車販売台数が6年ぶりに1,500万台を超え、今年はさらに伸びると予測されているためです。

アメリカは世界でもトップクラスの大きな市場なので、北米国際自動車ショーには各メーカーが力を入れてくるのは当然ですね!


北米国際自動車ショー
(シボレーのブース)






あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る