記事の詳細



三菱自動車は、多くの人気の自動車の製造と販売を手がけています。その中でわずか2年の販売だった三菱のプラウディアは、セダン型の自動車でした。

そのプラウディアが、日産自動車からOEM供給を受けて、2012年に11年ぶりに復活を果たしました。



美しいロングノーズのボディ

生まれ変わった三菱のプラウディアの特徴は、フーガをベースとしたモデルの恩恵を受けて、非常に美しいデザインの車体に生まれ変わりました。美しいボディの特徴は、外観デザインのロングノーズと言われる前方の車体が伸びているデザインです。

ロングノーズによって観る者に高級感を感じさせる車となりました。またショートデッキのセダンらしいデザインの基盤から張り出した前後フェンダー等が特徴的です。

また、室内のインテリアには銀粉を手作業で木目に刷り込んだオーナメントパネルが高級感を演出しています。また本格シートなどを採用していて格調高い室内になっています。


三菱プラウディア
      (三菱プラウディアの外観)



プラウディアの車名の由来

プラウディア車の高級感のイメージは、そのブランド名である誇りを意味する「プラウド」の英語と三菱の「菱のダイヤ」を意味する英語を合わせた造語です。

名前のとおりに素敵なデザイン性と快適な走りを兼ね備えている三菱自慢の車種です。


三菱プラウディア
(プラウディアのダッシュボード)




安全性や環境面にも配慮

三菱プラウディアは高級車でありながらドライブも楽しめますし、高級車の安全性も十分に配慮されています。もしもの衝突にも対応が出来るデュアル&サイドエアバッグを搭載しています。そして安全装置のシートベルトやブレーキシステムのABS標準で装着されています。

それに復活した車の車種には、排気ガスの低減レベルを行っていますから現在社会に必要な環境を考慮した車です。それは17年の基準排気ガスの75%低減レベル認定を取得しています。


三菱プラウディア
(プラウディアの座席シート)




プラウディアの車体価格
新車価格:402万2,000円~
買取価格相場:データなし




プラウディアのスペック情報

サイズ 全長4,945mm × 全幅1,845mm × 全高1,510mm
乗車定員 5名
駆動方式 前輪駆動方式(FF)、4輪駆動方式(4WD)
トランスミッション スポーツモード7速オートマティック
総排気量 2,495cc、3,696cc
最大トルク 【3,696cc】363N・m(37.0kgf・m)/5,200rpm.
燃費 8.9~16.6km/L










あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る