記事の詳細



マツダが考える理想のピュアスポーツカーとして開発されたのが、「RX-7」です。RX-7の最大の特徴としては、初代から3代続いた全てのモデルに、マツダが世界で最も成功したロータリーエンジンを搭載し続けたことです。

ロータリーエンジンは、「軽量でコンパクトなサイズ、そしてハイパワー!」という、スポーツカーに搭載するために生まれてきたエンジンとも言える高性能エンジンです。



ロータリーエンジンの恩恵

最初のモデルこそ、自然吸気のみだったのですが、2代目と3代目にはロータリーエンジンと相性の良いターボチャージャーを組み合わせることになりました。

その結果、少ない排気量でも、大排気量の海外の高級スポーツカーと負けないくらいのハイパワーと、高い走行性能を発揮するための軽さを同時に手に入れることに成功しました。


マツダRX-7
     (マツダRX-7の外観)




海外でも評価された美しいエクステリア

もちろんそれだけではなく、RX-7は一目でスポーツカーとわかる魅力的で美しい曲線で描かれたエクステリアを身にまとっているという大きな特徴もあるのです。

さらに小さなロータリーエンジンを搭載することができるので、フロント部分は低く設計することが可能となりました。その結果、美しいエクステリアと同時にエンジン自体の重量がとても軽く、理想的な重量バランスによる優れた旋回性能を併せ持つことが可能になったのです。

こうしたことから、イギリスで実施された調査で、「最も美しい車トップ100台」のランキングにRX-7が見事入賞したこともありました。


マツダRX-7
(RX-7の美しいリアビュー)




2002年に販売終了

このようなスポーツカーとしての多くの特徴を併せ持っているのがマツダのRX-7です。特に3代目モデルでは長い期間に渡って改良を重ねながら販売が続けられたのですが、残念ながら2002年に販売が終了しました。

販売終了している現在でも、マツダRX-7は中古車市場でいまだに人気を集めているスポーツカーの一つなのです。


マツダRX-7
(レーシング感が溢れるRX-7のダッシュボード)




RX-7の車体価格
新車価格:販売終了
買取価格相場:~420万円
(車の年式やコンディション、買取業者によって買取価格が大きく変動することがあります)





RX-7のスペック情報

サイズ 全長4,285mm × 全幅1,760mm × 全高1,230mm
乗車定員 2名
駆動方式 後輪駆動方式(FR)
トランスミッション 5速マニュアル、4速オートマティック
総排気量 1,308cc
最大トルク 314N・m(32.0kgf・m)/6,500rpm.
燃費 8.1km/L








あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る