記事の詳細



MPVマツダの主力となる車種で、上級のミニバンという位置づけにもかかわらずリーズナブルな価格で人気があります。

特に両面の電動スライドドアや「KARAKURI(からくり)シート」など多くの特徴があり、3代目となる現行のMPVでは他のミニバンから乗り換えるユーザーを強く意識した車作りとなっています。

以前のモデルでは5ナンバーが主流でしたが、現行モデルではボディサイズが大きくなり、3ナンバー仕様となっています。



初代モデル

初代のMPVは1988年で、最初は北米向けの輸出仕様車として販売されていましたが、1990年に入り国内でも販売が開始されています。

この1代目のマツダMPVは国内販売仕様では3,000ccのV6エンジン搭載車のみで、価格も350万円以上しましたが、1995年のマイナーチェンジのときに2,500ccのディーゼルターボエンジンが追加され、さらには4WD車も販売されました。


マツダMPV
      (MPVの現行モデルの外観)




2代目モデル

1999年のモデルチェンジで2代目となりましたが、ボディが大幅に変更され、内装もさまざまな特徴のある機能が追加されています。

その中でもセカンドシートに採用されたKARAKURIシートはベンチシートにもキャプテンシートにもなる便利な座席シートで、使いやすさの向上が計られています。


マツダMPV
(MPVのダッシュボード)




3代目モデル

2006年からの現行モデルでは、「DISI」と呼ばれる2,300ccのDOHCガソリン直噴ターボエンジンが搭載され、自然吸気型や3.5リッターと同等のトルクを発揮します。

ボディサイズが大きくなったにも関わらず、小回りが利くことが3代目MPVの特徴となっています。

また、海外輸出仕様車はネーミングが「マツダ8」となっていて、特に東南アジアを中心に海外輸出されています。


マツダMPV
(MPVの座席シート)





MPVの車体価格
新車価格:270万円~
買取価格相場:~80万円
(車の年式やコンディション、買取業者によって買取価格が大きく変動することがあります)




MPVのスペック情報

サイズ 全長4,860mm × 全幅1,850mm × 全高1,685mm
乗車定員 7名
駆動方式 前輪駆動方式(FF)、4輪駆動方式(4WD)
トランスミッション 電子制御5速オートマティック
総排気量 2,260cc
最大トルク 210N・m(21.4kgf・m)/4,000rpm.
燃費 10.0~11.0km/L












あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る