記事の詳細



次世代の自動車技術としてマツダが威信をかけて開発した技術がスカイアクティブテクノロジーです。

そしてこのスカイアクティブテクノロジーをフルに活用して開発された第2の車種が2012年にデビューした新型アテンザです。



数々の賞を受賞している名車

マツダ・アテンザの特徴の一つは、何と言ってもその優雅なデザインです。「鼓動デザイン」と呼ばれる、生物の動きを取り入れた躍動感のあるデザインによって、街中でもかなりの存在感を示しています。

そして、2014年にはRJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞、さらに2013年・2014年と2年連続で日本カー・オブ・ザ・イヤーのエモーショナル部門賞を受賞、2013年ワールドカーデザイン・オブ・ザ・イヤーにもトップ3に堂々ランクインしています。


マツダ・アテンザ
     (マツダ・アテンザの外観)




セダンとステーションワゴンでホイールベースが異なる

このアテンザの存在感には、先代に比べてボディサイズを拡大したことも影響しています。そのボディサイズに関して非常に特徴的なのが、セダンタイプとワゴンタイプでホイールベースが異なり、セダンの方がワゴンよりも全長が長い点です。

通常であれば、荷室空間を確保するためにセダンのルーフ部分を伸ばすだけなので、ワゴンの方が長くなりますし、ホイールベースは変わる事がありません。

しかしマツダはアテンザのセダンに対して、よりゆとりのある室内空間と伸びやかなデザインを与えるために、専用のホイールベースを設定しました。


マツダ・アテンザ
(アテンザのダッシュボード)




高性能なディーゼルエンジン

また、高性能なディーゼルエンジンであるスカイアクティブDには、高効率なトランスミッション・スカイアクティブドライブを組み合せていて、JC08モードで20km/lの低燃費を実現しています。

このディーゼルエンジンには、6速マニュアルミッションとの組み合わせも用意されており、マツダが提案する自動車を操る喜びをよりダイレクトに感じられる設定も選ぶ事が出来ます。

これらの特徴によって、マツダのアテンザは国内で枯渇寸前だったセダン分野のマーケットに一石を投じる事に成功しました。


マツダ・アテンザ
(アテンザの座席シート)




アテンザの車体価格
新車価格:291万9,000円~
買取価格相場:~165万円
(車の年式やコンディション、買取業者によって買取価格が大きく変動することがあります)





アテンザ・セダンタイプのスペック情報

サイズ 全長4,860mm × 全幅1,840mm × 全高1,450mm
乗車定員 5名
駆動方式 前輪駆動方式(FF)
トランスミッション 6速マニュアル、6速オートマティック
総排気量 1,997cc、2,188cc、2,488cc
最大トルク 【2,188cc】420N・m(42.8kgf・m)/2,000rpm.
燃費 17.4~22.4km/L









あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る