記事の詳細

愛車の買取査定を依頼すると、後日、担当者の方があなたの自宅に車の査定をするために訪れます。実際に車の査定をしに来るのは、「中古自動車査定士」と呼ばれる車査定の専門知識を有している人たちです。

買取査定業者の中には中古自動車査定士以外の方が査定をすることもありますが、大手買取業者の場合は中古自動車査定士が車の査定を実施します。


一般財団法人・日本自動車査定協会
(一般財団法人・日本自動車査定協会の公式サイト)




中古自動車査定士技能検定

中古自動車査定士とは、一般のユーザーが車を売る際に日本国内で制定された中古自動車査定制度に基づき、適切に査定する技能があることを証明している資格です。

一般財団法人・日本自動車査定協会が実施している資格で、小型車査定士と大型車査定士の2つに分類されます。小型車査定士の試験は年に2回実施されます。一方、大型車査定士の試験は年に1回実施されます。

これらの試験を受験するためには、自動車免許を取得している方や自動車販売・整備の実務経験6ヶ月以上の方などの要件が設定されています。

試験内容は、中古自動車査定制度や各自動車の構造や機能などの専門知識が問われる学科試験と実際の査定実技の両方が用意されています。


中古自動車査定士
(平成20年度の中古自動車査定士技能検定試験の概要)





査定価格に開きがあるのはなぜ?

検定試験に合格した中古自動車査定士が車の査定をするので、どの買取業者に依頼しても同じような査定価格になるのではないかと思ってしまいます。

しかし、実際の査定で複数の買取業者に一括査定を依頼すると、査定価格に大きな開きがあることがあります。それは、各買取業者の事情が考慮されて買取査定価格に反映されるためです。

例えば、あなたが査定を依頼した車種が、その買取業者の店舗で品揃えに注力していれば、当然査定価格を通常よりも高くして買い取ろうとします。

このように、車の査定価格というものは、同じような専門知識を有している中古自動車査定士が査定をしても、査定価格に違いが出てしまうものなのです。

査定価格が決定する要因をもっと詳しく知りたい方は、下記のページへアクセスしてくださいね!

※買取査定の関連ページ
<< 必見!車の買取査定の際にチェックされるポイントとは・・・


査定












あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る