記事の詳細

を売る際に大勢の方が思う疑問の一つが、「買取査定業者に売却した車はその後どうなるのか?」ということです。

今回は買取査定の仕組みと利益構造に関して解説していきます。




買い取った車は中古車オートオークションへ

あなたから買い取った車は中古車オートオークションに出品されることになります。基本的にこの中古車オートオークションには、一般の方が参加することはできません。

各オートオークションが独自に設定した審査基準を満たした車買取業者や中古車販売店、さらにはディーラーなどの限定的な取引となっているケースが大半です。


中古車オークション
(中古車オートオークション会場)




オークションの落札価格相場で買取価格が決まる

中古車オートオークションで売買された価格から、あなたから買い取った査定価格を差し引いた金額が買取査定業者側の利益となります。

そのため、このオークションで競り落とされる相場を参考にして買取査定価格が決定する仕組みになっています。

また、少ないですが、オートオークションには通さずに自社独自のネットワーク網を活用して同業他社に転売して利益を獲得する買取査定業者も存在します。





オークション会場で落札された車が中古車販売店に並ぶ

オークション会場で車を買い取るのは、もちろん中古車販売業者が大半です。つまり、中古車販売店に並んでいるほとんどの自動車は中古車オートオークションで競り落とした自動車なんですね!

このようにして、買い取られた車は中古車として、日本全国の中古車販売店へ流通していきます。中には、中古車として販売されずに、パーツごとに分解されて部品販売業者の手に渡り、販売されることもあります。


中古車販売店
(中古車販売店)










あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る