記事の詳細

愛車の買取査定を実施してもらい、査定額に納得して商談が成立した後の手続きに必要になる書類に関して詳しく解説します。

愛車を買取業者に引き渡す際には、車検証や印鑑証明書、自動車納税証明書、自賠責保険証、譲渡証明書などの書類が必要になります。

【必要書類】
1)自動車検査証(コピーは不可)
2)印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの)
3)自賠責保険証明書
4)自動車納税証明書
5)実印
6)振り込み口座(メモなどで構いません)
7)リサイクル券(預託済みの場合)



車検証
(車検証)



車検証

車検証(正式名称は自動車検査証)は排気量250ccを超える自動車や自動二輪の所有者を公証したり、自動車保険基準に適合していることを証明する書類です。

普通車の自動車検査証は、自動車が自動車登録ファイルに登録されている事を証明するための書類です。車検証には「車両部」と「権利部」に区分されていて、備考欄を加えて記載されています。



印鑑証明書

印鑑証明書とは登録印鑑が地方公共団体に登録されているものであることを証明するものです。つまり、信頼できる第3者が印鑑の正当性を保証している書類です。

また、車の売買以外にも不動産などの売買契約時に必要になります。



自動車納税証明書

自動車納税証明書とは、自動車税の納税がしっかりと行われているかを確認するための書類です。車検の際に一緒に必要になる書類です。自動車税の滞納がある際には車検に通っても新しい車検証が交付されません。



自賠責保険証

自賠責保険証(正式名称は自動車損害賠償責任保険)は、自動車損害賠償保障法によって、自動車などを運転する際に加入が義務づけられている損害保険のことです。自動車納税証明書と同様に車検の際には自賠責保険証の提示が必要になります。



譲渡証明書

譲渡証明書とは、自動車の売買や譲渡などで所有者が変更になった際に、いつ、誰に譲渡されたのかを証明する書類です。車名や型式、ナンバープレート番号などを必要事項に記載して、実印を押す必要があります。譲渡証明書は買取業者が用意しれくれることが大半です。



スムーズに愛車を引き取ってもらうために、上記の書類を用意しておくことを覚えておい下さいね^^


書類







あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る