記事の詳細

買取査定の際に、査定士は一体どのようにして車の買取価格を決定するのでしょうか?車の査定額は一般的に各自動車毎の基本価格を基準にして、加点・減点をしていくことで大体の価格が決定します。

まず、車の買取査定を実施する際に、査定士は車種ごとに「クラス分け」をします。自動車の価値を客観的に適正にしておくために、このクラス分けの方法が採用されています。




クラス分け

国産車は、高級車から順番に8つのクラスに分類されます。
  
特C>特B>特A>Ⅰ>Ⅱ>Ⅲ>Ⅳ>軽

例えば、特Cに挙げられている車種はトヨタのセンチュリーやレクサスLS600h、日産のプレジデントやGT-Rといった高級車です。


一方、海外の輸入車の場合は、同様に7つのクラスに分類されます。

特>Ⅰ>Ⅱ>Ⅲ>Ⅳ>Ⅴ>Ⅵ



(特Cのクラスに挙げられているレクサスLS600h)




上位のクラスほど基準価格も高額

クラス分けで上位に入っている車を売却する際には、もちろん基準価格よりも高額で買い取ってもらえます。クラス分けによって、大まかな査定金額を算出します。そしてその次に、車のスペックやキズ・修復歴、オプションの有無などをチェックして査定金額が確定します。

買取査定にチェックされるポイントをもっと詳しく知りたい方は下記のページを参考にしてください。

※買取査定のチェックポイントに関する詳細ページ
<< 必見!車の買取査定の際にチェックされるポイントとは・・・












あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る