記事の詳細



ホンダインサイトは1999年に初代モデルが登場しました。インサイトと言えばハイブリッドカーですが、初代モデルは1000ccの直列3気筒SOHCエンジンを搭載し、同時にDCブラシレスモーターを搭載していました。

しかし、現在のハイブリッドシステムとは異なり、走行中はエンジンとモーターが常に動作している方式でした。


ホンダ・インサイト
      (ホンダ・インサイトの外観)




初代モデルから大きく変更を遂げる

当時の初代モデルのインサイトの燃費は1リッターあたり30~35kmで、これは現行のインサイトよりも徹底した空気抵抗の低減がされていたためで、ボディ形状もリアタイヤがフェンダー内に隠れているというデザインになっていました。

しかし、乗車定員が2名ということもあり、販売台数が伸びずに2006年には一度生産が終了されています。


復活したのは2009年で、リアの特徴的だったホイールスカートが廃止されてボディ形状も大きく変わりました。さらに大きな違いは乗車定員が5名となりました。同じ車種でこれだけ大きく変化するのは非常に稀なケースです。


ホンダ・インサイト
(インサイトのダッシュボード)




ライバルはプリウス!

エンジンはホンダの特徴でもある1300ccのSOHCーVTECエンジンで、ハイブリッドに使われているブラシレスモーターにはMF6型が採用されています。

ライバル車はトヨタの「プリウス」ですが、プリウスが3ナンバーなのに対して、ホンダのインサイトは5ナンバーボディとなっており、ぎりぎりまで軽量化が施されています。また、高級車で使われている静粛性の高いガラスを採用することで走行中の騒音レベルを低く抑えた仕様となっています。


ホンダ・インサイト
(インサイトの後部座席)




インサイトの車体価格
新車価格:193万円~
買取価格相場:~110万8,000円
(車の年式やコンディション、買取業者によって買取価格が大きく変動することがあります)




インサイトのスペック情報

サイズ 全長4,390mm × 全幅1,695mm × 全高1,425mm
乗車定員 5名
駆動方式 前輪駆動方式(FF)
トランスミッション 無段変速オートマティック
総排気量 1,339cc、1,496cc
最大トルク 【1,339cc】121N・m(12.3kgf・m)/4,500rpm.
燃費 22.2~27.2km/L










あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る