記事の詳細



本田技研工業が販売しているハッチバック型小型自動車であるフィットは、発売当初からその操作性の高さ等が注目を浴び、近年の新車乗用車の販売ランキングでも常に上位につける評価を得ています。

そのため、改善要望等の件数も多く、これに応える形でフィットのベース部分を受け継いだ新たな車種の開発が進められました。



ステーションワゴンタイプのフィット・シャトルが誕生

やや大きめのサイズであるステーションワゴン型として、ガソリンエンジン車とハイブリッド車のラインナップを揃えて2011年から販売されているのが、ホンダフィットシャトルと呼ばれている車種です。

シャトルの特徴としてはまず、本来の良さである小回りと加速性能を維持することによる運転のし易さにあります。ハッチバック型等のコンパクトカーサイズの運転経験があれば、違和感なくスムーズな運転が可能になっています。


ホンダのフィット・シャトル
     (フィット・シャトルの外観)



サイズアップによるトランクルームの拡大

それでいてリア部分のサイズが大きくなっている事でトランクルームが広がり、より多くの荷物を積みたいという要望に応えることが可能になりました。

またハイブリッド車においては、バッテリー等を積むことによって生じる重心バランスの変化にともなう調整に注力しています。この為、エンジン音の静かさに合わせてハンドルの操作性が更に進化しています。


ホンダのフィット・シャトル
(フィット・シャトルのダッシュボード)




フィットの進化系モデル

フロントのデザインはベースであるフッィトに類似したエクステリアとなっており、人気車種の進化系モデルとしての安心感をしっかりと感じさせてくれるのもフィット・シャトルの特徴です。

また、ガソリンエンジン車の方には前輪駆動方式(FF)以外にも4輪駆動方式(4WD)を採用したものもあり、フィット・シャトルは幅広いニーズに応える車種となっています。


ホンダのフィット・シャトル
(フィット・シャトルの後部座席)




フィット・シャトルの車体価格
新車価格:164万円~
買取価格相場:~98万円
(車の年式やコンディション、買取業者によって買取価格が大きく変動することがあります)






フィット・シャトルのスペック情報

サイズ 全長4,385mm × 全幅1,695mm × 全高1,540mm
乗車定員 5名
駆動方式 前輪駆動方式(FF)、4輪駆動方式(4WD)
トランスミッション 自動無断変速機(CVT)
総排気量 1,496cc
最大トルク 145N・m(14.8kgf・m)/4,800rpm.
燃費 14.6~26.2km/L










あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る