記事の詳細



フェラーリF12ベルリネッタは、2012年に599の後継モデルとして登場した2シーターのFRスポーツカーです。フェラーリのフラッグシップとして位置付けられている車種で、最新技術が数多く採用されています。



惚れ惚れする美しいエクステリア

注目のエクステリアは先代モデルの599のボディデザインを踏襲しています。ピニンファリーナがデザインした伸びやかな曲線美を描くボディラインは見ているだけでも惚れ惚れします。また、FRスポーツカーらしくフロント部分が長く設計されています。

599よりもサイズダウンされ、さらに重心高も25ミリ低くなりました。その結果、より高い走行性能を発揮することが可能になりました。

また、12種類にも及ぶアルミ合金をスペースフレーム・シャーシとボディシェルに使用することで、総重量は1630kgとなり、599より80kgも軽くなっています。


フェラーリF12ベルリネッタ
      (フェラーリF12ベルリネッタの外観)




空力性能も一級品

「エアロブリッジ」と呼ばれるボンネット中央のインテーク部の両脇にある盛り上がり部分ががあります。このエアロブリッジは前面の空気を車両上部から左右の振り分け、そのまま側面に誘導され、ホイールアーチ周辺のドラッグ減少に利用される仕組みになっています。

その結果多くのダウンフォースを発生させることが可能になり、ハイスピード走行時でも車の挙動が安定する効果があります。


フェラーリF12ベルリネッタ
(F12ベルリネッタのダッシュボード)




フェラーリ伝統のV12エンジンが搭載

フェラーリ伝統のV12エンジンがフロント部分に搭載されています。6,262ccのV12エンジンからはとんでもないパワーが発生して、0-100km/h加速は3.1秒という爆発的な性能を誇ります。

5000回転以上エンジンを回すと、フェラーリの可能的なエンジンサウンドが響き渡ります。V8エンジンにはない重厚さを感じるのがV12エンジンです。


フェラーリF12ベルリネッタ
(F12ベルリネッタに搭載されるV12エンジン)




走行モードの切り替えが可能

センターコンソールに並んだボタンをプッシュすることでAUTOモードとマニュアルモードが選択できます。マニュアルモードのシフトはハンドルの横に設置されているパドルバーで操作をします。

7速DCTは操作しやすく、パドルを使ってのギアチェンジは非常に迅速でスムーズです。

また、走行モードを「Wet」、「Sport」、「Race」、「CT Off and ESC Off.」に切り替えることも可能です。路面状況やドライビングシーンなどに合わせて選択してください。


フェラーリF12ベルリネッタ
(F12ベルリネッタの座席シート)




F12ベルリネッタの車体価格
新車価格:3,590万円~
買取価格相場:データなし




F12ベルリネッタのスペック情報

サイズ 全長4,618mm × 全幅1,942mm × 全高1,273mm
乗車定員 2名
駆動方式 後輪駆動方式(FR)
トランスミッション 7速DCT(デュアルクラッチ式ギアボックス)
排気量 6,262cc
最大トルク 690N・m/6,000rpm.
燃費 6.7km/L








あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません






関連記事

ページ上部へ戻る