記事の詳細

自動車保険には、人身傷害保険搭乗者傷害特約(一時金払)があります。

人身傷害保険と搭乗者傷害特約(一時金払)の2つの自動車保険は両方ともあなた自身や家族、同乗者の方が怪我をしたり死亡したりした場合に保険金が支払われる保険です。

そのため、よく混同される方がいるのも事実です。これらの2つの自動車保険は支払われる保険金の内容に違いあります。ここで簡単に人身傷害保険と搭乗者傷害特約(一時金払)を解説します。



人身傷害保険とは・・・

人身傷害保険では、自動車運転が原因で生じた怪我の治療費や死亡による逸失利益・精神的損害等、補償を受けられる方が対象になります。

また、過失割合の度合に関係なく契約している保険金額を限度に損害額に対して保険金が支払われる保険です。さらに歩行中の事故も補償の対象になります。



搭乗者傷害特約(一時金払)とは・・・

一方、搭乗者傷害特約(一時金払)は契約している自動車の事故によって、乗車していた方が、怪我や死亡した場合や後遺障害を受けた場合に適用される保険です。

事故発生の日からその日を含めて180日以内に治療を目的として入院・通院した場合にあらかじめ設定している金額を保険金として支払われる保険のことです。

自動車保険専用の「傷害保険」で、実際の損害額や相手からの支払いの有無にかかわらず保険金が支払われます。


自動車保険




どちらの保険に加入するべき?

基本的な考え方としては、まずは人身傷害補償保険に加入して、搭乗者傷害保険は上乗せ補償(プラスアルファ)として検討するのが一般的です。

実際、多くの自動車保険会社では人身傷害補償保険は基本補償に含まれています。中には特約扱いをしている保険会社もあります。

一方、搭乗者傷害保険は基本補償に含んでいない保険会社が大半です。

人身傷害補償保険では、第三者との面倒な事故があった場合に相手からの支払いに振り回されることなく自分の保険で解決することができるのでストレスが少なくて済むのもメリットです。



補償の内容と保険料を吟味して選ぼう

また、自動車保険会社が用意している人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険は単に一種類だけではなく、複数の商品がラインナップされています。

人身傷害保険と搭乗者傷害特約(一時金払)のように内容が似た保険に加入する際には、具体的な補償の内容とあなたが負担する保険料をしっかりと検討してから商品を選ぶようにしてくださいね^^


自動車保険










あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る