記事の詳細

自動車保険にはフリート契約ノンフリート契約があります。今回はこのフリート契約に関して詳しく解説していきます。


フリート契約とノンフリート契約

このフリート契約とは、10台以上の自動車が保険の加入する際の契約のことを言います。一般的には法人企業などが業務用の車を数多く保有する際に加入する保険の契約のことです。

その逆が9台以下の自動車に保険をかけるノンフリート契約です。私たち一般人が加入する保険はノンフリート契約になります。




ミニフロート契約

最近では9台以下で複数台で契約することで割引を受けられるミニフリート契約という形態も登場しています。

ミニフリート契約はフリート契約とノンフリート契約の間に位置する契約です。ミニフロート契約はノンフリート多数契約割引を利用しているのが特徴です。


自動車保険




フリート契約のメリット

1)ノンフリート契約よりも割安で保険に加入できる

2)追加で新規に契約する自動車に対しても利用者毎に設定されている割引料が適用されてお得

3)若者でも高齢者の方でもどのような年齢層の方でも保険料は同じ

4)整備や修理等の代車の費用なども割増保険料なしでカバーすることができます





フリート契約のデメリット

1)保有台数が少ない場合は保険料が割り増しになる

2)事故が多い会社や事業者の場合には保険料が逆に割り増しになるケースがある




自動車保険




保有台数が多いほど保険料はお得

フリート契約の場合には自動車保険に加入する台数が多くければ多いほど保険料がお得になります。

例えば、10~20台程度の自動車保有数でフリート契約を結ぶと、一度の事故で保険料が大きくアップする恐れがあります。




フリート契約は強制加入

少ない保有台数でフリート契約をするのはお得ではありません。しかし、現在の保険制度では、企業や個人が自動車を10台以上保有すると、その時点から強制的にフリート契約に加入しなければいけない決まりになっています。

中にはフリート契約を免れるために自動車の名義を変更したりする企業も存在します。





あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る