記事の詳細

自動車保険では一般的な交通事故の補償はカバーされますが、地震津波などの自然災害で車が損害を受けた場合でも補償されるのでしょうか?

基本的に地震や津波などで損害を被った際には、通常の自動車保険では保険金が支払われません。地震や津波などの災害は甚大な損害を与える事象なので、保険では賄えないとされています。


地震



地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約

では、地震や津波のリスクに備えるには、一体どうすれば良いのでしょうか?

自動車保険の商品の中に、「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」というものがあります。「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」とは、文字通り、地震や津波などの自然災害で車が全損した際に一時金が支払われる自動車保険です。

「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」には、地震や津波などの自然災害であなた自身が怪我をした場合に適用されるものと、車自体が損害を受けた場合に適用されるものの2種類があります。

つまり、「人」を対象にする保険と「車(モノ)」を対象にする保険が用意されています。


アクサダイレクトの地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約
(アクサダイレクトの公式サイト)





契約金額は50万円が上限

一般的に、契約金額は50万円が上限になっています。そして、年間保険料が5,000円程度に設定されています。

契約金額の上限が50万円と低額になっているので、例えば、地震が原因で200万円で購入した車が全損しても、50万円までしか保険金は支払われません。そのため、それほど重要度は高くはない自動車保険といえます。

海や川の近辺など津波の心配がある地域に住んでいる方など、自然災害における損害を少しでも抑えたいと考えている方は「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」で支払う年間の保険料と、契約金額から契約するか否かを判断してくださいね^^









あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る