記事の詳細

自動車保険では、車を運転する方を年齢や範囲に条件をつけて設定することができます。運転する方の年齢に条件を設定するのを「運転者年齢条件」といい、運転する方の範囲に条件を設定するものを「運転者限定特約」といいます。

保険をつける条件を細かく設定することで、保険料が通常よりも安価になるというメリットがあります。

今回はこの運転者年齢条件と運転者限定特約について解説します。



運転者年齢条件

保険適用者の年齢に条件を設定できるのが運転者年齢条件です。一般的に年齢条件特約では、「全年齢補償」 、「21歳以上補償」、「26歳以上補償」、「30歳以上補償」などに分類できます。設定した年齢が高くなるほど保険料金が安くなります。

また各保険会社によって、設定される年齢が多少異なるので、詳しく知りたい方は契約する(あるいは契約中の)保険会社に問い合わせてください。

運転者年齢条件が適用されるのは、保険に記名した保険者とその保険者の配偶者、同居の親族などの方々が対象になっています。




運転者限定特約

運転者限定特約とは、適用される保険対象者の範囲を限定することができる特約のことです。

運転者限定特約には段階があり、家族全員が対象になる家族限定特約、保険に加入した方とその配偶者の方のみに限定した本人・配偶者限定特約、そして本人のみ保険が適用される本人限定特約の3つが用意されています。

当然限定される人数が少なくなればなるほど、支払う保険料金は安くなります。



自動車保険



契約中にも変更が可能

自動車保険における運転者年齢条件と運転者限定特約は、契約した条件でずっと固定されることはありません。契約期間中でも随時条件を変更することが可能です。

例えば、家族構成が変わったり、お子さんの年齢が上がっていくにつれて、臨機応変に自動車保険の内容を見直すことで、無駄な保険料金の支払いを抑えることが可能になります。

そして、結果的にお得に自動車保険を活用することができます^^








あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る