記事の詳細

自動車保険とは、自動車事故が原因で損害賠償を請求されたというケースを想定して、加害者が金銭的リスクを回避できるように考え出されて誕生した商品(保険)です。

まず、自動車保険は7つの種類に分類することができます。あなたが車を運転する際にどのような補償が必要になるのかを把握することが大切です。

下記に7つの種類に関して簡単に解説します。



自動車保険のソニー損保
(ソニー損保の公式サイト)




7種類の自動車保険

対人賠償責任保険 自動車を運転していて、他人に怪我をさせたり死亡させてしまった際に、法律上の損害賠償責任を負うときに支払われる保険のことです。
自損事故傷害特約 車の保有者や運転者、その他の搭乗者が怪我や死亡した際に支払われる保険のことです。運転車本人が100%過失の場合に適用されます。
無保険車事故傷害特約 対人賠償責任保険などがついていない自動車と接触して事故を起こして死亡したり、事故によって後遺障害を負った場合に支払われる保険のことです。
対物賠償責任保険 自動車を運転している際に他人のものを壊してしまって、法律上の損害賠償責任を負った場合に支払われる保険です。
搭乗者傷害特約 自動車に乗車している方が自動車事故で怪我や死亡した場合に支払われる保険のことです。
車両保険 自動車での接触や衝突、爆発、火災、盗難、台風などの自然災害を含む偶然の事故によって自動車に損害が生じた場合に支払われる保険のこです。
人身傷害保険 被保険者が自動車事故によって怪我や死亡した際に、被保険者の過失分も含めて全ての損害に関して保険金額を限度に支払われる保険のことです。




重要視する保険は?

このように自動車保険には7つの種類があります。もちろん7つ全ての保険に加入するのが一番安心ですが、支払う保険料の負担が大きくなります。

これらの7つの保険の中で特に重要視しなければいけない保険が、「対人賠償保険」と「対物賠償保険」です。自動車保険をかけるときは、まずこの2つの賠償保険を最優先に考えて、充実させるようにしましょう。

その後はあなた自身の考えや金銭面などを考慮してプラスしていくのがオーソドックスな自動車保険の考え方です。

安心して自動車を運転するために、自動車保険の知識を学んで加入することをお勧めします^^


自動車保険のソニー損保









あなたの愛車はいくらで売れる?




愛車を売ろうと考えているなら『簡単・安心・高額買取』のユーカーパックがおすすめです。

販売店が直接ユーカーパックに出品されている車に入札ができるので中間マージンがかからず、その分高く車を売ることが可能です。

1回の査定で最大1,000社から入札を受けることができます(驚)


 あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

※もちろん査定価格に納得できなければ、愛車を売る必要はありません











スポンサードリンク


関連記事

ページ上部へ戻る